転職の理由第1位は「給与」

転職理由は人それぞれに異なると思いますが、毎年圧倒的に多い理由が「給与に対する不満足」や「上司との人間関係がうまくいかない」あるいは「仕事のやりがいがない」などです。給与面に関する問題は生活に直結することなので、転職希望の理由に挙げる人が多いのは当然のことかもしれませんが、上司との人間関係に悩み、過大なストレスを抱えて転職を真剣に考えている人たちが多いことも、最近の傾向ではないでしょうか。

転職する際に気をつけたいことは、前向きな転職理由と不平不満ばかりに根ざした転職理由とでは成功する確率に大きな差が出るということです。前向きな転職理由を持っている人は、転職先の研究や転職のための能力アップなど、準備を十分に行って転職する場合が多く、転職に失敗するリスクはおのずと低くなりますが、不平不満に基づく転職の場合、衝動的に転職しがちであるため、どうしても失敗が多くなるわけです。

転職者の満足度が高いという記事を転職支援サイトなどで見かけることがあります。しかし、あまり鵜呑みにすることは危険です。なぜなら、転職して後悔している人はアンケートに答えることには消極的であるため、調査結果にはあまり反映されないからです。このような集計データに安心感を持ち、転職できれば何とかなるという甘い考えを持つことは非常に危険です。自分の気持ちを整理し、現在抱えている問題が転職することによってしか解決できないものであるかどうかをしっかりと考えた上で、行動することが重要です。

転職するということは、自分や家族の生活に多大な影響を与えます。大げさな言い方をすれば、自分の人生だけではなく、家族の人生にも影響を与えるわけです。甘い考えに基づく転職は、できれば避けたいもの。今転職を考えているならばその気持ちを家族と共有し、みんなが応援してくれる環境を整えることが望ましいですね。そうすれば、不平・不満だけではなく、大切な家族を守るという前向きな目標ができ、転職理由を見直すきっかけにもなるはずです。ネガティブな転職理由をそのままにするのも、ポジティブなものに変えるのもあなた次第なのですから。

Copyright (C) 2009 FRAUSDOTSのFX情報. All Rights Reserved.