取得しやすいプラチナカード

プラチナカードについて調べようと思っても、多くのカード会社はそのベネフィットをあまり大々的に公開はしていません。まさに一見さんお断り、会員のみが知るお楽しみ、というわけです。

ところが、VISAに関してはこれでもかとプラチナカードのベネフィットを大公開しています。

ダイナースのプレミアカードやアメックスのプラチナカードとは違い、ベネフィットの詳細をホームページで紹介しているVISAのプラチナカード。それが関係しているのか、VISAの年会費は本人が5万円、家族会員は無料と、ダイナースやアメックスに比べて安くなっています。

VISAのプラチナカードは、35歳以上かつVISAのゴールドカードを持ってから1年で申し込みが可能とされています。あくまでプラチナカードはインビテーションありきなので、申し込みといっても、欲しい旨をVISAに伝えて向こうからのインビテーションを待つという形になります。

ダイナースやアメックスに比べると手が届きそうなのがVISAのプラチナカード。
年会費はダイナースのほぼ半分で、さほど変わらないサービスを受けられると評判も上々です。ステイタス感だけが先行しているアメックスに比べて対応が良い、という声もありました。

Copyright (C) 2009 FRAUSDOTSのFX情報. All Rights Reserved.