様々な多汗症治療

多汗症の治療には複数の方法があります。
複数の方法を解説する前に、多汗症は汗をかきやすい体質と精神的な「ストレス」が原因で起こることが多いとされています。ですから「ストレス」をなくすことが多汗症治療の第一歩です。

【抗コリン剤の服用】
抗コリン剤という交感神経の働きを抑制する働きを持つ内服薬を服用する方法があります。
これは汗をかくときに交感神経から出てくる「アセルリコリン」を止めるもので、全身に作用します。

抗コリン剤は、喉や目の渇き、尿の出が悪くなる副作用もあるので、
服用には医師による適切な処方が必要となります。

【ボトックス注射】
ボトックス治療は、両わきや両方の手のひら、両足の裏に行うことが可能です。
治療自体はとても簡単で10分くらいで治療は終わります。
ボトックス注射は、精神性発汗型には非常に効果があるようです。

【塩化アルミニウムの塗布】
毎日塗り続けると、1〜2週間くらいで多汗症を軽減する効果が現れ、一度効果が現れるとしばらくは効果が持続するそうです。この治療法には「オドレミン」がよく使われます。

【交感神経遮断術】
この治療法は、わきや手の汗を止めるために、手術によって胸部の交感神経の一部を遮断します。
手術の際には、全身麻酔をかけて、内視鏡を入れて交感神経の根元を焼いてしまいます。

これで目的の箇所からの発汗は止められても、他の箇所からの発汗が増えてしまう場合があるので、医師と十分に相談して納得してから治療に臨んでください。

Copyright (C) 2009 FRAUSDOTSのFX情報. All Rights Reserved.